ドイツ生活**ごちゃまぜ日記**

【ドイツで国際離婚】ドイツ側での離婚は無事終了

約2ヶ月前に人生で初めて、離婚の為に裁判所に出頭したのですが・・・・。 その時の様子はこちらから。

 

 

【ドイツで国際離婚】裁判当日に、裁判官からの予想外の質問にビックリ 

 

この時、正式な離婚証明の書類は5~7週間後に届きます。と、伝えられ、なかなか来ないのでそろそろ弁護士さんに再度コンタクトを取ろうと思っていた矢先、8週間目にしてやっとこの書類が届きました。

オリジナルなのに、書留とか何も無く、普通にポストに入ってました。 書留にされても、仕事の為通常は留守なんですけどね~。でも無くなったらどうするんだろう・・・。

私の過去の郵便物は、なかなか届かなかった事が結構あったので、ここは結構な不安ポイントでもあります。 他の人の郵便物が勝手に私のポストに入ってたりするし~。

 

まぁ、それはさておいて、

あの時、元旦那が手取り給料額を多めに裁判官に言ってしまった事がキッカケで(多分) 裁判金額の追加請求も一緒に請求されております・・・・。 200ユーロ手取りの給料額を多く、裁判官に口頭で言った為か、15ユーロ追加で支払えと!!!どうやら請求されております。 あんだけ支払ったので、15ユーロくらい大した金額では無いのですが・・・あんだけ支払ったのに未だ支払うのか・・・(涙)

 

 

さて、こちらの書類には、日本領事館の方に事前に言われた様な事が書かれてありそうなので、私の手元に届いた書類では、Der Endbeschluss ist rechtskräftig bezüglich…. でした。最終決定法的効力日 って感じでしょうか!?全部、日本語に訳すといたしましょうかねぇ~。 私の場合、このオリジナル書類がづらづらと4枚あるのですが、面倒くさいですね。 でも節約の為、自分で頑張ることに致します。

 

日本側への提出書類はこちらをご参照。

【国際離婚ドイツ】日本大使館領事館への提出書類

 

でも、自分で訳した書類が証明になるのが、日本のよい所ですね~。ドイツやスペインとか、こういう書類は公認の翻訳士さんにお世話になるところですが・・・そして、出費がかさむ。 全く別件ですが、友達がこういう公的書類を日本語へ訳す際、パソコンが無かったので手書きで訳して提出してみたら、OKだったとも言っていました。 凄いぞ日本!!まだまだイケル~!!!

 

 

 

ポチッ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す