ドイツ生活**ごちゃまぜ日記**

私が離婚を決めたワケ ①

私が離婚しようと決めた訳、それは友達のタイ人の一言がキメテだったと思います。

 

彼女は、先日お店をオープンさせた、がっつりムスリムのモロッコ人の彼女とは全く正反対の、すんごくライトなムスリム派の女性です。

お互いの信仰具合に差が在り過ぎて、お互いが在り得ないと思ってるのが分かります。笑

このタイ人のお友達、どんだけライトかといいますと、あのムスリム女性特有のベールは普段被ってなく、結婚式等の祝い事の時に被るくらい。

本当はダメな酒やタバコも、こっそり嗜んでる彼女。

 

10歳くらいお姉さんな彼女の人生を聞いていて・・・妙に納得してしまったんですよね・・・・。

 

彼女はタイの中の裕福な家庭に育ったお嬢様。

実家は歴代、ご先祖様が昔建てた家の柱を使ってるくらいのお嬢様。どういう事かといいますと・・・

ご先祖様が昔、バンコク周辺で家を建てその当時の家の建設で使った大黒柱は、神木並みの立派な大木から取ったのだとか。あまりにも柱が立派過ぎたので、おばあちゃんの代でバンコクへ引越しする際、「よし、この柱も持って行こう!」と、柱をえっちら・おっちら担いでお引越し、そして現在の実家は、その柱を再利用して建てたとの事。と、いっても木の為傷むので、家丸々とはいかず1/3は昔の家の素材、残りは改築を重ねているとの事。その昔の家の方には窓がガラスでは無く、ガラスの代わりに木との事。

木の窓!?げげげの鬼太郎が住んでる家の感じの窓の様です。

 

それでやっぱり、古いから木の精も宿ってるんだって~。流石、神秘の国タイ!!

 

そんな大きなお家は、にわとりが放し飼い、毎日新鮮な卵が食べれるし、祝いの時には新鮮なにわとりまでも、食卓に並びます。庭には数種類のマンゴーの木、バナナの木、その他色々なフルーツ・・がなってるらしい。

 

そんな彼女は、タイではカラオケ店やレストラン、クリーニング店やインテリアデザイナーも手掛けてたキャリアウーマン・・・てかこういうのタイでは、

金さえあれば全て可能らしい。

ドイツや日本みたいに、免許だの衛星だの政府から色々と厳しいチェックが入らないので、やろうと思えば簡単に、金さえあれば出来るとの事。

たぶん全て、それなりに成功してるみたい。

 

そんな彼女がまだ子供を授かって無かった頃、当時25歳くらいの頃のお話しです。

 

経営してるレストランの常連のお客さん(女性)がある日突然、

「すこしの間だけこの子を預かっておいて・・」と、

まだ10ヶ月くらいの女の赤ちゃんを彼女に手渡したそうな。

 

まぁ。お客さんだし、顔知ってるし・・・。が、しかし!!

赤ちゃんを預かったが最後、

その後、連絡が途切れてしまい、彼女は店にも顔を見せなくなり・・・。

 

そんなこんなで、他人の赤ちゃんを結婚もしてないのにシングルマザー?として育てるハメに・・・突然、赤ちゃんとの生活が始まりました!!!

タイ、凄い!!そんなんアリなタイランド。

 

でも、彼女は店のオーナー、仕事を毎日休める筈もなく、仕方がないので、近くに住んでいた両親の元へ事情を話して預かってもらう事に。

最初はかなり戸惑った両親も、仕方が無いので、全く見ず知らずの他人の赤ちゃんと生活する事に。

お父さん、お母さんも、凄い、流石、タイ!!!

 

そんなこんなで数週間後~、突然、赤ちゃんがが熱を出します。

 

一向に下がらない熱、苦しそうな赤ちゃん。

見ているととても可哀相なので、病院へ連れて行く事に・・・。

 

なんと、そこで、お医者様から驚きの事実が発覚します。

 

「残念ですが、この子は・・・」

 

「エイズ (HIV)です。」

 

エエエエエエエイズ~!!!???

 

しかもこの時点で結構、進行していたらしいとの事。

まだ10ヶ月の赤ちゃんなのに・・・どうやら、お母さんのお腹の中で、感染してしまった様です。

 

次回へ続きます。

私が離婚を決めたワケ ②

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村