ドイツ生活**ごちゃまぜ日記**

【国際離婚ドイツ】気になる弁護士裁判費用は?

ドイツで離婚をするには、弁護士を通して裁判で進めていくしか手がありません。

ドイツで離婚の国際カップルの場合、残念ながら日本と違い離婚届けの紙切れ一枚ではいかず、

そこで今回は、気になる費用をまとめてズバリ計算してみます。

 

国際離婚費用

 

まず、ドイツでかかる離婚費用は大きく分けて下記の2つ。

 

  •  裁判費用 
  •  弁護士費用 

そこに諸々と付属の費用が掛かります。

  •  結婚証明書 
  •  上記書類のドイツ語への翻訳費用 

 

結婚証明書と書きましたが、 2人が結婚している事を証明している書類 が必要です。

私の場合、元夫がEU出身だった為、その書類をドイツ語に訳す事無く、翻訳費用が浮きました。

私の元夫の出身国にも結婚証明書というものがありますが、勿論、

書類発行手数料 + 送料 がかかります。

でもこの国、結婚すると同時に  結婚手帳  なるものが無料で発給されます。

日本で言う 年金手帳?母子手帳?的な薄めの手帳です。

その 手帳でも、裁判所で認めてもらうことが出来、新たに結婚証明書を取り寄せる必要が無くなり ました。

具体的にどんな書類が必要かは、弁護士さんへ相談してみてください。

因みにこちらは結果論であって、実際に書類のコピーを女弁護士さんへ送付、彼女もこの書類で受け付けて貰えるかどうかは、実際に裁判所に送ってみないと分からないと言われました。

が、結果的には受け付けて貰え、 裁判の当日はその書類のコピーではなく原本で裁判 が進みます。

裁判はどちらか一方の書類で進む事が可能の様で、その為、私達はこのEUの書類で離婚裁判に進みました。

2人が結婚している事実がある書類が必要な為、私は日本での 戸籍謄本(ここに2人の名前が記載されている) を裁判の為に取り寄せる必要は無くなりました。

 

 

収入で決まる!?裁判費用

 

まずは裁判費用、ドイツの裁判費用は

 夫婦両方の収入、子供の有無、財産、その他の収入(家賃収入など) によって決まります。

金額は弁護士さんに見積り依頼をする段階で向こうが計算してくれます。

 

ドイツ語ですが、こちらで大体の裁判費用が分かります。

Scheidungskostenrechner – Scheidungskosten berechnen

 

この 見積もり費用がもし、多かったり少なかったりすると、裁判後、追加金、及び返金 があるとの事。

 

 

弁護士費用

 

多分、こちらはピンきりかと思います。相談料も弁護士費用として請求させる方、相談は無料でしてくれる方、

私がお世話になった女性弁護士さんは、インターネットで見つけたのですが、多分良心的な価格の方だと思います。

過去リンクご参考まで

ドイツで離婚するには裁判が必要!?

 

 

裁判までの流れ

 

 

私は一年の別居期間を設けて裁判へと進みましたが、別居を始めて間もなく、見積もりを取って貰いそれに同意。

見積もりと同時に、2人の結婚を証明できる書類のコピーを提出。

その後、別居の期間を設けるので、9ヵ月後に離婚の意思がまだあれば、私達に再度コンタクトを取ってください。

と言われたので沈黙の9ヵ月・・・その後、離婚の意思があったので再度彼女にコンタクトをとると

 

再度、 手取り給与額の確認 が行われ (こちらが裁判当日にも聞かれる金額となるので要注意!)

 

事前に裁判所へ、 結婚を証明できる書類のコピーが送られ、裁判所の書類チェック が入る。

書類に不備が無い事が確認されると、まず 最初に裁判費用 の振込み

この費用は弁護士費用とは別で、振り込み確認が取れた際に、この費用を元に裁判所の予約をするとの事。

その約1週間後に、 弁護士費用  を振込み・・・

その更に1週間後に、裁判の日程が決まり・・・

この 日程の連絡 が実際に郵送され( 裁判所の印付き )、これが 当日の裁判所への招待状 になります。

 

弁護士さんへ再度コンタクトを取ってから、2ヶ月半から3ヶ月後、が実際の裁判の日でした。

 

 

裁判当日の様子はこちら:

【ドイツで国際離婚】裁判当日に、裁判官からの予想外の質問にビックリ

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

コメントを残す